2019年03月25日

自動給餌器、買っちゃいました

KIMG0615.JPGKIMG0618.JPG
自動給餌器を買いました。毎朝4〜5時頃に猫に起こされるのが辛くて…。「起こさないでもらえませんか?」とずっとお願いして参りましたが、聞き入れていただけないのだと、ようやく悟りました(遅っっ!)。
今日帰宅したらAmazonから届いており、ワクワクしながら設置しました。猫の吉次郎に「明日、このトレイにごはんが出てくるよ〜」と見せたら、キャットフードの匂いが漏れてくるのか、ずぅ〜とトレイをガシガシと引っ掻いています。
吉次郎、高かったんだから壊さないで〜!!
posted by chisaka at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月24日

猫砂問題が解決!(現時点では)

KIMG0608.JPGKIMG0611.JPG
猫砂問題がやっと落ち着きました。
猫を引き取る時、一応周りにどんな猫砂が良いかリサーチして、処理しやすいと評判のベントナイト系の猫砂を用意した。猫も馴染んでくれて喜んでいた矢先、ネットで猫砂の口コミを見て、突如不安になり、一気に猫砂難民になった。
ベントナイト系の猫砂は猫の健康を害するとか、消臭剤も凝固剤も体に悪いとか、そんな情報を見てしまうと「今すぐ止めなきゃ!」と思い、直ぐに木材系の猫砂に買い替えた。
ところが木材系の猫砂は大粒で固いためか、猫が嫌がってオシッコを我慢するようになった。仕方なくベントナイト系の猫砂を半分ほど混ぜながら、新しい猫砂をあれこれと試していた。
「気にしすぎだよ」と言われたし、そうだよな〜と自分でも思った。でも猫トイレの後ろの壁が白くなるくらい粉塵が付くのだ。うちの猫は砂かけが激しく、この粉塵を猫も吸っているのかと思うと、自分の精神衛生的にもベントナイト系猫砂から卒業したかった。

そして、ついに卒業しました!新しく総取り換えしたのは、キャッツエコという商品名で、材料はモミ・トウヒの木材繊維、植物性凝固剤。原産国はドイツ。肉そぼろ、もしくは鮭フレークみたいな形状と質感で、うちの猫は「悪くないね!」と戸惑う様子もなく使い始めました。
猫砂は飛び散りますが、ベントナイト系よりストレスが減りました。猫トイレの後ろの壁に粉塵が付かなくなったし、掃除もしやすく、部屋に紛れ込んできても「木片が落ちてる」と思える。
お値段は1.7倍ほどですが、この満足度なら喜んで払いますよ!
posted by chisaka at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月18日

猫は見た目で判断する

Effect_20190312_001917.jpg
肌寒い日は電気毛布の上でぬくぬくとお昼寝する、猫の吉次郎。 我が家に来て約5ヶ月経ち、身体も態度もすっかり大きくなりました。

それなのに!
今朝は6時半から庭の草取りをしました。起床時は室内気温が7度で寒かったので、普段は着ないウインドブレーカーの上下にニット帽を被り、45リットルゴミ袋が満杯になるまで黙々と草取り。
途中でニット帽がずれてきて、顔が半分隠れた状態になったが、泥だらけの手で直すことも出来ないまま作業終了。その姿で玄関に入ったら、吉次郎が私を見るなり目を真ん丸にして飛んで逃げた。明らかに「不審者が入ってきた!」という態度。

猫は、見た目でひとを判断しているようです。ニット帽を脱いだら、「なぁんだ〜」という顔をしましたが、ちょっと傷ついたんだからね!
posted by chisaka at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月10日

どれがお好み?

KIMG0531.JPGKIMG0532.JPGKIMG0533.JPGKIMG0534.JPG
気がついたら、猫のオモチャが結構増えていた。あれこれと遊んでいるが、どれが一番のお気に入りなのかな?
目の前にズラリと並べたら、好きなものを真っ先に咥えるはず〜と見ていたら…。
グワッサ〜、グワッサ〜とオモチャを凪ぎ落とし、「全部落とせたよ!」と得意気な顔で振り向く。
そう来たか!
posted by chisaka at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月24日

漆喰塗りを体験

KIMG0547.JPGKIMG0548.JPG
ホームセンターにはDIY用の道具や材料が充実しており、自分で家の壁や床をリフォームしたという話もチラホラ聞く。
自分で改装すれば費用は格安になるし、出来栄えが少々不味くても仕方ないと思える。でも料理だって、何度か試すうちに加減やコツがのみ込めるわけで、ぶっつけ本番でリフォームを試すほどチャレンジャーではない。餅は餅屋という台詞もあるしね。
先日、旧グッゲンハイム邸開催された古家再生をテーマにしたトークイベントで、神戸R不動産の人がゲストだったので、終了後に追いかけて「無料バイトは募集していないですか?」と訊ねてみたのだ。ボロボロの古家を自分でガンガン修理しておられ、来てもいいよ〜とのこと。無料バイトと称すると聞こえは良いが、訳すと無料で教えろってことですからねぇ。
ともかく今日は9時集合、解散17時で、1日中壁塗りをした。珪藻土や漆喰をマスキングをした壁に塗る。ひたすら塗る、お昼にラーメンをご馳走になってまた塗り、3時のおやつなんて存在せず黙々と塗る…。
最初はうまく出来なくて、全然楽しくない。それでもリフォーム中の室内の壁をどんどん塗らせてもらう内に、コテの動かし方が分かってきて、凹まない程度には塗れるようになった。珪藻土は繊維が入っているからもったりした粘りけがあり、漆喰はサクサクしていて塗りやすく感じた。

今の住まいは、室内の壁が崩れているところがあるから、自分で塗ろうと思えば濡れるな〜と思えるようになったのが今日の収穫ですね。
身体はヘトヘト、着用したズボンとパーカーはドロドロ。来週は床張りをするそうだが、どうしようかな〜。
posted by chisaka at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月23日

確定申告の時期ですね

KIMG0542.JPGKIMG0544.JPG
そろそろ確定申告の時期ですね。今年は親の分を先に着手。自宅を売却したのですが、控除やら証明やら利益計算やら、初めてでよく分からず税務署や市役所に問合せて、何とかまとめました。病気によって住み替えが必要になり、かなりの赤字なのに、こんな面倒な書類が必要なうえ、さらに税金を払えだなんて日本の政治ってスゴい。
肩代わりする子どもがいない世帯はどうしているんだろう。子どもがいても、真っ当に結婚して子育てして共働きをしていれば、なかなか手がまわらないはず。税務署に問合せできる時間だって、平日9時から16時までなんですよ!

まぁ、あれこれ文句を言いつつ、自分の確定申告作成に取りかかった。まず月毎に領収書などを仕分けて入力。
ちょっとひと休みして、チャイを淹れて戻ったら、書類の束がメチャクチャ。
吉次郎〜!向こうで遊びなさい!!
posted by chisaka at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月18日

特等席

KIMG0521.JPG
我が家の日当たりの良い窓際には、猫の特等席が設えてあります。
あれ?静かだな〜と思うと、外を眺めています。外に出たいと思っているのか、電車から外を見るように眺めを楽しんでいるのか。
吉次郎くん、どんな気持ちなのかな?

先日動物病院へ行ったら、カルテに「千阪吉次郎」と書いてありました。まるで祖父の名前をもらったみたい!もちろん違うのだけれど。
posted by chisaka at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月15日

猫も大好き、あぐらスカート!

KIMG0406.JPGKIMG0517.JPG
寒いですね。朝晩は室温が10度を下回っていることも珍しくない今日この頃です。
あぐらスカートはアウトドアウェアとして販売されているもので、ダウンみたいに中綿を挟んだ仕様で暖かく、あぐらをかいても大丈夫なほどたっぷりしている。
私は室内着として愛用しているのだが、最近は飼い猫の吉次郎があぐらスカートの暖かさを覚えてしまい、座っていると中に入ってくる。
「邪魔だから出てくださーい」と言っても、ニホンゴはワカリマセンという態度。でも、その表情は明らかに理解してるよね!
posted by chisaka at 18:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月09日

関西の良いところ

KIMG0490.JPG
関西には靴の修理屋さん並みに御座候の店があります。一般的には今川焼というみたいですが、関西では100%の格率で御座候と呼ばれます。

あんパンより小ぶりで、出来立ての熱々が80円ほど。ちょっと小腹が空いたときにぴったりなのです。

東京に住んでいたときは、無性に食べたくなると、たい焼きでしのいでいました。たい焼きももちろん美味しいのですが、ワンコインでお釣りがくる御座候の気軽さがないんですよねぇ。
関西に住む利点のひとつは、いつでも気軽に御座候が買えることですね!
posted by chisaka at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月27日

ムササビか!?

KIMG0489.JPGKIMG0484.JPG
猫が壁を登っています…。
今の住まいは家が傾いているため、昨日までこの扉は途中までしか閉まらなかった。私の前に住んでいた人は、この扉を閉めるのは諦め、ここにアコーディオンカーテンをつけていた。でも私は好きではないから外し、襖を立て掛けて扉がわりにしていたのだが、猫がよじ登ることを覚えてしまい、襖がボロボロに…。
今朝、扉の高さを5ミリ切り、引越し10ヶ月後にして初めて扉が閉まりました。すっきり!もっと早く試せば良かった。

もう襖を片付けたのに、猫が昨日までの調子で登ろうとしています。あ〜、壁紙が破け、猫がずり落ちて不満そうな顔をしてる…。吉次郎くん、建て直し以外なら何をしてもいい借家で良かったね。そうでなければ、怒られているところだよ。
posted by chisaka at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記