2018年12月24日

猫砂を木のチップに変更

KIMG0412.JPG
間もなく年始年末。猫のトイレに使う猫砂が残り少ないので、通販で買っておこうとネットで検索していたら「有害物質を含む猫砂に注意!」との記事を発見。
猫のおしっこで固まる猫砂で、ベントナイトという有害物質含むものは、喘息やアレルギー、肝臓の疾患につながる可能性があるとのこと。うちの猫はトイレのあと盛大に砂かけをするので粉塵が舞いやすく、それを吸い込んだり体についた粉を毛繕いすることで、猫砂の成分が体内に入りやすい。
慌てていま使っている猫砂のパッケージを確認したら、原料にベントナイトの文字が…。おしっこで固まる猫砂は使いやすくて消臭効果もあり、私も「便利な製品があるものだな〜」と喜んで使っていた。でも猫に害があるかもしれないなら、可能性があるだけでも即却下だ。
固めたり水で流せるように加えている原料に悪いものが多いので、間伐材の木材を加工しただけの固まらない猫砂をネットで注文。届くのは数日先だが猫がトイレを使う度にヒヤヒヤするので、今日近所のホームセンターに買いに行った。

猫トイレを風呂で水洗いして、木製の猫砂に総取替!ネットで注文したのとは別のメーカーだが材料は間伐材である材木のみ。開封してみると木の香りがかなり強く、粒が大きくて固いので猫を乗せたら嫌がってた…。

ちゃんと使ってくれるか心配だけど、安全第一ですから!
posted by chisaka at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月23日

アグラスカート

KIMG0406.JPG
アグラスカート、買っちゃいました。
見た目はビミョーなのですが、ネットで探してみると結構売り切れています。
この綿入れスカートは、山でテント泊するときに活躍するようなアウトドア用品ですが、うちでは家で過ごすときの防寒アイテムとして大活躍。寒いときはエアコンをつけますが、やっぱり足元は冷える。だからホットカーペットか、ナンガのダウンパンツを買おうかな〜と考えていたら、登山用品の白馬堂さんに「それならアグラスカートがいいよ〜」とお薦めされた。
でも、胡坐をかいても大丈夫!というネーミングの通りとてもボリュームがあるので、普段着にするにはファニーな見た目。室内限定で使うとすると、ちょっと高いかな〜と散々迷いましたが、買っちゃいました。初期投資すれば電気代はかからないし、これを山で使うような機会もつくっていけたらいいなという思いもある。

実際に使ってみると、この週末はエアコンをつけなくても支障がないくらい暖かい。ふーむ、売り切れるのも納得です。
posted by chisaka at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月15日

六甲山で清掃ハイク

KIMG0398.JPG
今日は六甲山の清掃ハイクに参加。六甲道にある登山用品店「白馬堂」さんが企画されたイベントで、定期的に開催されているそうです。
私も六甲山を縦走したりと、山で遊ばせてもらうようになったので、使用料として掃除くらいしなきゃね〜と参加してきました。
ゴミを拾いながら、参加している人に「どこの山に行っているんですか?」「その靴の履き心地はどうです?」など、おしゃべりしたり情報交換したり。
今回のエリアは結構ゴミは少なめでした。でも手が届かない川の中には、不法投棄らしい家電もありましたけどね。

今日は30人ほどが手弁当持参で集まりました。パタゴニアの社員さんもパタゴニア製火バサミを持って参加しておられ、さすがに使いやすそうでした。サーフィンをする人たちがビーチクリーンのときに使うために作った製品なんですって!ついでに「良い波が来たら、仕事を抜けてサーフィンに行くって本当ですか?」と聞いてみたら、本当ですよとのお返事。都市伝説ではないんですね〜。もちろん事前に周囲のOKをもらってからだそうですが。

私は自分から社会に働きかけるような動きはできませんが、それを実行している人の声に響くことはできます。今後も積極的にこういうイベントに参加していきたいな〜と思う今日この頃です。
posted by chisaka at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月14日

アクリル毛布VSウール膝掛け

KIMG0397.JPG
猫が、ふわふわで厚手の毛布より、薄手のひざ掛けの上で寝たがる。
毛布は暖かな手触りだが素材はアクリルで、ひざ掛けは結構ペラペラで薄いがスイス製でウール100%なのだ。
ニャンコめ、お目が高いなぁ。
posted by chisaka at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月29日

猫のお見送り

KIMG0381.JPG
猫を飼い始めて約1ヶ月。一人で飼うと困ることもあるかな〜と心配していましたが、特に問題なく過ごせています。猫の言い分は聞けていませんが。
今朝も目が覚めたら、猫が私の横で川の字状態で寝ていました。羽毛布団の中だと温かいからか、丸くならずいつもこの寝姿です。最初は布団に乗らないように躾したくて奮闘しましたが、全く効果なし。諦めて毎日掛け布団と敷き布団にコロコロをかけ、寝る前に猫の手足を拭いてブラッシングすることで妥協しました。
猫は、対処か妥協あるのみですねぇ。

最近私が出掛けようとすると、猫がいそいそと玄関横の部屋に入っていくのでイタズラしているのかな〜と思っていました。今朝玄関を出たあと、ふと振り返ってみると、部屋の窓から猫がじっとこちらを見ていました。お見送りしてくれていたとは〜。
朝から元気が出ました!
posted by chisaka at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月28日

ベビー靴を出荷!

KIMG0379.JPG
ご注文いただいていたベビー靴の出荷準備中。

靴紐はこれまでロー引きのものを使っていましたが、ロー引きしていないタイプに変更しました。ロー引きしてあると、よりドレッシーな雰囲気になるのですが、靴紐が解けやすいです。使っているうちにコーティングが取れてくると解けにくくなるのですが、ベビー靴は最初からしっかり靴紐が結べた方がいいですもんね!
posted by chisaka at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月24日

六甲全山縦走について

六甲全山縦走の翌日。
歩くと膝の関節が少し軋むような感じと、腰がちょっと疲れたようなダルさがあるけれど、おおむね問題なし。昨晩のうちに洗濯は済ませ、今朝はザックを洗って、このイベントが完全終了しました。

のど元過ぎれば何とやら…なので、今回の六甲全山縦走の記録をつけておこうと思います。

持ち物
ヘッドライト(超重要!ある程度お金をかけたほうが身のため)、雨具、帽子、手ぬぐい(首に巻いておくと汗も吸うし、こっそり鼻水も拭ける)、防寒具(セーターは出番なし、ネックウォーマーとアームウォーマーは持参して正解だった)、すべり止め付き綿の手袋(日中は暑いほどだったので綿で良かったが、夜は寒かった。荷物が許せばウール系も欲しいところ)、ストック(摩耶山までは人も混んでいるので不用。後半は疲れてくるし、暗くなり下りが多いので重宝する。私がゴールできたのはストックのおかげ)、水(410ml入りポンジュース、水1.2リットル。でも摩耶山でレモネードのサービスがありペットボトルにも入れてもらえたので、水は手つかず。しかも飲み物は売店や自販機で随時購入可)、食べ物(他にも用意していたが、実際に食べたのはおにぎり、みかん、ドライアプリコット、飴。おにぎりは夕方には寒さのため固くなっていた。途中、バナナや空揚げ、おでんなどの売店があった)、地図・バンドエイド・テーピング・予備の靴紐・ナイフ・トイレットペーパー・ライターなど(今回どこのトイレも紙は完備されていた)、参加証

服装
上は、ウールのアンダーウェア・ウールのタンクトップ・ウールの長袖Tシャツにソフトシェルのパーカー。渋滞して止まっていると寒くなり、歩き出すと長袖Tシャツ一枚でも暑い。寒暖差が激しいのでネックウォーマーやアームウォーマーでこまめに対応。
下は長ズボン(春夏用の薄手しかなかったが、何とかなった)。
ウールの靴下、ミッドカットの登山靴。(ゴローの冬用、スリーシーズン用の2足を保有しているが、今回は軽量でソフトな軽登山用を新たに購入。アスファルトの行程もあるので、本格的な靴ではかえって疲れるそうだ)

大会のルールは朝5時〜7時にスタートし、16時半〜22時40分までにゴールすること。
私は始発の電車でスタート地点に向かったので、スタートは5時45分頃。「朝3時からスタートラインに並んだよ〜」と話している人がいたが、6時頃のスタートでも問題なし。ただ待ち時間ゼロでスタートできるかわりに、途中で渋滞にハマります。おかげで道に迷う心配はなく、地図も一度も広げなかった。
あとはひたすら歩くのみ。自然に同じスピードで歩く人たちの団体が出来てくるので、適当なところにくっついていく。歩き慣れている人の後ろがベストで、歩き方や姿勢、歩きやすい足場の選び方などがマネできて歩きやすい。
コースの約半分にあたる摩耶山の手前が難所の一つらしく、疲労が溜まってきているのに延々登りが続く。「やっぱり摩耶山でリタイアだ。だからもう少しだけ頑張るんだ!」と自分に言い聞かせながら歩く。
何とか到着すると、ボランティアさん達がニコニコと迎えてくれ、レモネードの無料サービスがある。スタッフのお姉さんに「でも、ここで半分なんですよね?」と怖々聞くと、「ここまで来たら、もう大丈夫!あとは下るだけなのでゴールできますよ〜」と励ましてくれる。そっか!と急にゴールが見えた気になったが、後半の5時間半もなかなかにヘビーだった。最初は「とか言って、結構登りがあるじゃん…」とボヤクだけで済んだが、日が暮れると状況が一変。ナイトハイクの経験が全くないのに、暗闇の中ヘッドライトの明かりだけで足場の悪い山道を下山するのだ。すでに人もばらけているのに、私のヘッドライトは光が弱く前後に歩く人のヘッドライトのおかげで何とか足元が見える状況。数人の小さなグループから遅れると暗闇に取り残されるので、何が何でも足は止められない。恐怖に慄きつつ必死に歩いた時間の長かったこと! 山道が終わったときには心底ホッとした。ラストのアスファルト道路2キロは山道に比べたら楽勝で、「晩御飯はどうしようかな〜」と考えているうちにゴール到着。

完走すると、認定書と小さな表彰楯がもらえます。う〜ん、楯よりザックに付けたくなるようなピンバッチにしたら良いのに!宣伝になるし、完走者もさり気なく自慢できるしね。

今回の反省点はヘッドライトは新品の電池に変えたものの、品物が古くて明るさが不十分だったこと。足慣らしが散々な結果だったので、本番は3時頃まで歩けたら万々歳と考えていて、ヘッドライトを真剣に検討していなかったのだ。それにしても、参加者が1800人もいる大きな大会で、暗闇の中、足元が崩れまくりの登山道を歩かせる大会の度胸の良さに驚愕。これで問題になるような怪我人が出ないのは大したものです。私みたいなうっかり者も紛れ込んでいるのに…。

縦走してみたいけど、一人では頑張りきれないし…という奇特な人にはおすすめの大会です。一人で歩いたら14キロでリタイアしたのに、みんなと一緒なら56キロ完走出来ちゃったりしますからね。キレたくなるくらい大変ですけど。
posted by chisaka at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

六甲全山縦走、完走しました!

KIMG0374.JPGKIMG0375.JPG
六甲全山縦走の56キロ、完走しました!今朝6時前に須磨をスタートし、ゴールの宝塚に19時半頃でした。
完走の証明書と記念品をいただきました。頂戴したから、このイベントはもう卒業ですね。と言うか、こんな大変だと知って、二度目を申し込む勇気はないです…。
この大会は、六甲全山縦走市民の会が運営していて、今日は1800人が神戸の六甲山縦走に挑戦しました。朝5時から22時40分までの間に、距離にして50数キロ、登る高さを合わせると3000メートルになる山々を縦走します。スタートとゴール時は真っ暗でヘッドライトが必須です。
かなりヘビーです。こんなヘビー過ぎるイベントを運営する市民の会があることが驚きです。だって誰でも申し込めちゃうのです。私がほぼ準備なしで完走出来たのは、単なる神様の気まぐれです。陽も落ちて真っ暗な中を、岩や木の根だらけの登山道を下る恐ろしさといったら!15年前に買ったヘッドライトを持参した私が悪いのですが、今のモデルに比べると点けていないも同じ。前後の人のヘッドライトに助けられました。
ボランティアの人が要所ごとに立っていてくださったのにも頭が下がりました。山奥で、陽も暮れているのに、寒い中を何時間もありがとうございます!良い経験をさせてもらいました。
一度で十分ですけれども〜。

証明書と記念品をゴール後に撮影したのですが、何故か天地が逆さま。疲労
困憊していたためでお許しを。
posted by chisaka at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月23日

摩耶ロープウェイに到着!

KIMG0371.JPGKIMG0372.JPG
摩耶ロープウェイのチェックポイントまでたどり着きました!温かいレモネードのサービスが有難い。山場は越えたから、あとはめっちゃ頑張れば何とかなるはず!? 配布された反射板のワッペンをザックに取り付け、後半戦に出発。
posted by chisaka at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

黙々と

KIMG0369.JPG
黙々と歩いています。足がビミョーに痛くなってきました。でも死ぬ気で行けばゴールできるかも?
posted by chisaka at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記