2017年08月01日

つま先を3ミリ伸ばしてみた

170728_1404~01.JPG
木型のつま先を3ミリ伸ばしてみました(写真右)。足していない左側と並べると、長さはほとんど変わりませんが、長さが伸びたことで少しほっそりした印象になります(なっているはず!!)。
posted by chisaka at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月28日

ベースになる木型をハーフサイズ変えると…

170725_1256~01.JPG
靴づくりに使う木型は足長で選びます。
木型がハーフサイズ違うと、ずいぶん雰囲気が違ってきます。
足幅は同寸ですが、写真左は24.5センチ、右は25センチの木型を使用。
posted by chisaka at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月26日

ウェルトの交換

170726_1400~01.JPG
今日はジョンロブの靴2足をリウェルト(ウェルトの交換)。
良質なブランドは、しっかりした材料と構造でつくられているので修理もしやすい。ジョンロブは接着剤も必要最低限だし、革も丈夫なので気持ちよく手縫いできました。
posted by chisaka at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

木型の補正ビフォアー&アフター

170722_0205~01.JPG
木型の補正前(写真左)、補正後(写真右)
posted by chisaka at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

木型の補正

170720_1552~01.JPG170720_1907~01.JPG170720_1908~01.JPG170722_0203~01.JPG
靴をつくるときは、お客さまの足に合わせて木型を補正します。
うちの木型は日本人の平均的な足幅であるEE(2E)をベースにしていますが、今回のご注文分は足長は24.5センチ、足幅は27センチに該当します。
そこで24.5センチの木型に、足の外側と内側、アーチに革のピースを貼って、お客さまの寸法になるよう補正していきます。
ボリュームアップした印象になったので、つま先を伸ばして少しスマートな印象にした方が良いか悩んでいるところ。ドングリっぽいフォルムも悪くないと思うけど、どうかな〜。
posted by chisaka at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月22日

立体裁断を試行しているところ

170622_0133~01.JPG
靴の型紙は、木型にデザインを描き、それを写し取ったパーツを元に紙の上で製図していきます。
でも木型は立体なので、平面化すると無理が出る箇所が出てくる。だから、もう少し立体裁断よりの方法で型紙が作れないか試しているところ。
洋裁で立体裁断はちょっぴり習いましたが、右半分を作って反転させる方法が靴では使えない。靴は内側と外側ではフォルムが違うから、それぞれで作りながら左右対称に見えるようにするのが難しい…。
posted by chisaka at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月10日

郵便屋さんバッグ

170605_0315~01.JPG170609_0329~01.JPG170609_0335~01.JPG170609_0342~01.JPG
岩手県立児童館の「こどもの森」から、郵便屋さんバッグの注文をいただきました。館内のいろんな箇所にポストが設置してあり、ポストマンに扮した児童が郵便物を配達してまわるという遊びに使うバッグです。
うちは靴屋ですが、興味をひかれて製作させていただきました。
お子さんが使うのでバッグのサイズは234ミリ×170ミリ×74ミリ、フタはマグネットで開閉し、ポイントはバッグと肩ヒモを繋ぐ取っ手部分。この取っ手があることで立体的なバッグを身体に沿わせて持つことができます。全て手縫いで仕上げてあるので、お子さんがブンブンと振り回したり投げっこして、バッグが解れたりしても大概は修理可能ですよ!
posted by chisaka at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

うさぎやVS亀十

170606_1441~01.JPG170606_1445~01.JPG
東京はどら焼きの名店がチラホラあります。以前知り合いに食べさせてもらってから、私は上野の「うさぎや」を定番にしていました。
先日、仕事関係の人でバーベキューをすることになり、手土産に有名な2店のどら焼きを持参して食べ比べしよう!ということに。
用意したのはうさぎや(205円)と亀十(360円)。うさぎやはお客さんが少なくないものの店員さんが手際よく受け渡してくれるので待ち時間はそれ程でもありません。亀十は浅草の雷門前という立地もあり、常に長い行列が…。買いやすさは「うさぎや」に軍配が上がりますね。サイズは亀十が半回りほど大きく、生地はうさぎやがモチモチ、亀十はシフォンケーキ並にふんわり。うさぎやの餡は砂糖の他に水飴も入っているためか艶やかでキュッとした甘さがあるのに比べ、亀十は小豆と砂糖と穏やかな甘さ。
コスパは甲乙つけがたく、どちらも人気があるのが頷けるが、子どもがいてワイワイ食べるならうさぎや、大人のスイーツとしてなら亀十かな。
posted by chisaka at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月02日

スイカの季節

170601_2122~01.JPG
暑くなってきましたね。今年初めてスイカを買いました。
出始めだから高いのですが、八百屋のお兄さんが「スイカは最初につける実が旨いから、オススメだよ!」と言うので、プロのアドバイスにしたがってみました。
確かに味は良かったけど、スイカの醍醐味は猛暑の中で冷たものを食べる楽しさだからなぁ。というか、私はスイカが大好き過ぎてスイカなら何でも良い。今年も豊作でたくさん食べられるといいな。
posted by chisaka at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月23日

「桃さんのしあわせ」という映画

170523_0141~01.JPG
「桃さんのしあわせ」という香港・中国映画を観た。
良い映画だった。さざ波のような小さな出来事を物語るだけですが、生き方や人生を感じさせます。
「山の郵便配達」も忘れた頃にまた観たくなる映画ですが、中国映画は時々スマッシュヒットしてきますよねぇ。
posted by chisaka at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記