2022年09月24日

ランニングシューズを補正

KIMG2231.JPGKIMG2227.JPG
ウルトラウォークに出場するときに履く靴を買いました。
靴はアルトラのメンズサイズ8.5。日本サイズだとメンズ26pに該当。通常の使用ならワンサイズ下のサイズですが、“ウルトラ”と付くイベントで履くなら、多めの余裕が必要だと店員さんに言われました。
納得して買ったものの、やはり大きすぎない?と心配になって店員さんに相談に行ったら、「サイズはこれで大丈夫だけど、靴ヒモが緩すぎるよ!」と注意されました。店に着く直前に靴ヒモを締め直したのに…。
革靴と運動靴では靴ヒモの締め方が違うようです。革靴だとヒモに緩みがないよう引きますが、運動靴だとアッパーの緩みを無くすようにギュッと紐を締める感じ。店員さんに靴ヒモを手直ししてもらうと、私は甲が低いのでアッパーの生地が余って波打っていました。しかも甲が縛られている感覚で、時間が経つと痛くなりそうです。

甲を面で固定できるように、甲に補正パーツを加えてみました。自分の甲が低い分だけベロに厚みを足す方法です。材料は厚みと通気性があるフエルトです。アッパーと色を揃えたかったが、手元にあるのはグレーのみ。気が向いたらベロの上部に黒の革を貼ろうかな。

履いてみると、足を入れただけで甲が張り、靴ヒモはきちんと締めるくらいで、しっかりと固定できる。一般的な足の人は、何もしなくてこんな履き心地なのかと思うと、心底羨ましい!!
posted by chisaka at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189830047
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック