2022年08月13日

神戸市の食料支援の品々

KIMG2179.JPGKIMG2183.JPG
病院でコロナ陽性の判定を受けました。
発熱外来に行ったら、熱39度、酸素飽和度93%で、コロナも陽性。神戸市の場合は65歳未満で基礎疾患がなければ、この程度の症状であれば、解熱剤を購入して、保健所からのチラシを一枚もらうだけ。体調が悪化したら電話する連絡先が記載されているが、対応時間は8時45分〜21時。結構シビア…。
食料支援も「どうしても必要な人だけ」となっていましたが、お粥とかアクエリアスとかゼリーなど体調不良時の食料がないので直ぐに申し込みました。
突然の発熱から4日目にして、神戸市からの食料支援の段ボールが到着。熱は薬を飲んで37度代まで下がっているが、寝込んで以来炭水化物を食べてないかったので、今晩はお粥かな〜と思っていました。

玄関前に置かれていた段ボールは、大きいわりにヒョイと持ち上がる重さ。あれ?開封すると中身は箱の半分ほどながら、いろんな品が入っていました。
食料品はサトウのごはん2袋、即席味噌汁、お茶漬けの素、牛丼と親子丼のレトルト、パスタ、パスタソース3種、カロリーメイト、即席カップ麺3個、野菜ジュース、むぎ茶。日用品はトイレットペーパー、箱ティッシュ、ごみ袋、マスク、ハンドソープ、消毒液、ビニール手袋。

有り難いです、本当に。でも病人向けのものは無いのかぁ〜。元気になったら頂きます。
それにしても、永谷園のお茶漬けの素を見たのは、何年ぶりかな?
posted by chisaka at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189748423
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック