2020年05月10日

木型削り用の台

KIMG1187.JPG
気がつけばGWも終わり、梅雨入りも間近ですね。
GWの間に、木型削り用の台を作るつもりでした。木型を削ったり修正していると、削りカスが回りに飛び散るし、足元やエプロンに付いて他の部屋まで散らばったりします。
ギルドで学んでいたとき、木型の先生は木製のケースを使っていて便利そうでした。私は段ボールで似せて作り、いつも間に合わせで済ませていました。
でも今回、連休で時間もあるので材木でつくる計画を立てました。まず段ボールで試作してサイズを決め、購入する材木のサイズや数を割り出し、さらに材木カットサービスに頼むための注文リストを作成。
ホームセンターの在庫確認も事前に済ませ、ヤル気満々で出向いたら「本日からカットサービス中止」の張り紙が!
まぁ、不要不急ではないもんねぇ。自分でノコギリを使って地道にカットするという選択肢はなく、試作した台を使うことにしました。意外と段ボールでも問題なかったりします…。
posted by chisaka at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187476562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック