2018年08月13日

デジタル温・湿度計を買ってみた

KIMG0127.JPG
親の熱中症対策に温・湿度計を買ってみた。選ぶポイントは、表示が大きく、一目で状態が理解できること。エアコン嫌いの高齢者は多いし、離れて暮らす身内がまず最初に買おうとするアイテムではないでしょうか。
ネットでいろいろな商品を見比べたり、店で実物を見たりしましたが、案外高齢者をターゲットにした商品は少ない。時計にオマケのように温度と湿度が表示されているもの、おしゃれで小型のもの、数字の表示だけで何を表しているか分かりにくい…などなど。
さんざん迷った末に選んだのはクレセルのCR‐1200Wデジタル温湿度計。正直、他に候補がなかったのだ。これは文字が大きく、顔マークの横に「熱中症危険」とか、湿度が高いと「除湿」と表示され、警告のランプとブザー付。用途はドンピシャなのだが、口コミがかなり微妙。ONにした途端警告鳴りっぱなし〜などの感想が少なくないのだ。
でも他の候補は見つからないし、先日朝日新聞でSUDI主任研究員さんが「そばに置きたい」というコラムでオススメしていた商品だったので、これに決めました。
自宅でスイッチを入れてみたところ、早々に「熱中症厳重警戒」で警告が鳴り出した。私的には、それなりに暑いけど、クーラーを入れるか迷うな〜というレベルだったのですが。基準が低めだと、警告が狼少年みたいな扱いになっちゃうんだよね。
クレセルさん、設定レベルを高中低で選べるという案はいかがですか!
posted by chisaka at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184166931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック