2018年06月04日

キーケースの修理

Effect_20180604_112943.jpgEffect_20180604_113027.jpg
キーケースの修理を承りました。ドアが剥がれ、縫い糸が擦りきれているところがあちこちにある状態で、かなりくたびれた感が…。
手縫いは製作に時間がかかりますが、修理しやすいのが利点ですね。糸を切ればあっという間に分解できます。 家本体に軽く消しゴムをかけて汚れをとり、栄養クリームを補給。ドアの革パーツを用意し、せっかくだから窓も新しく。革ひもは新品にお取り換え。縫い合わせたら完成です。
よし、まだまだ使っていただける状態になりました!持ち主は「使い方が荒くて…」と恐縮しておられましたが、革製品はそんな方にぴったりですよ。革はかなり丈夫ですからね。
posted by chisaka at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183421114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック