2018年01月23日

今年もよろしくお願いします。

180122_1919~01.JPG
すご〜く遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。
実は2月末に浅草から神戸に引っ越すことになり、年始年末は蕁麻疹が出るほどバタバタしていました。
普通の賃貸物件を借りれば、次の住まい探しに時間を割くだけだったのですが、さんざん探して見つけたのが築50年で7〜8年ほど空き家だったボロボロの平屋。鍵は錆び付いて締まらず、風呂やトイレなどの水回りは動かないか水漏れ、天井は一部崩落…等々。リフォームは全て自腹の代わりに家賃は格安で、建て替え以外は何でもして良いとのこと。
賃貸契約と同時にリフォームを考えなければならなかったのですが、これまで賃貸暮らしだったので家に手を加えるという発想がなく、そもそもリフォームって何から始めるのかが分からない。仲介してくれた不動産屋さんに聞いてもリフォーム関係は知らないと言われたので、とりあえずリフォームしている会社をネットで探して連絡をしたのですが、予算を言ったら鼻で笑われました。どうやらゼロの数が違っていたらしい。ホームページは施工例は載っていたけれど値段はなかったんですよねぇ。名前で検索し直したらマンションのリフォームで1500万円〜だとか。ハハハッ!でも恥はかき捨てだから「こんな予算なら誰に頼むべきですか?」と聞いたら、「一人でやっている若い人を探したらいいよ」と苦笑しながら教えてくれました。
でも小さなところはネット検索で引っかからないし、知り合いとなると身内の知人の義理のお兄さん…みたいな感じで、スムーズに話が進まなかったら余計に面倒なことになりそうだし。
なんやかんやで3つ目に頼んだ建築関係者に見積を出してもらったら、水回りだけで予算オーバー。100万円出しても天井は落ちたまま、襖も畳もボロボロ、鍵も締まらないってスゴくないですか?
日にちは過ぎて行くし、東京に戻ったら日々の仕事があるし、だんだん気持ちもブルーになっていたら「物件の持ち主は工務店をしているんだって!」と仲介の不動産屋から一報が入った。契約を進めていて不動産屋さんも初めて知ったそうです。しかも「安くでやってあげるよ」と言ってくださっているとのこと。こんな身近に青い鳥が!
やっとこさ引っ越しが稼働してきました。今日、東京は午後から大雪となったので早めに帰宅し、徒歩で近所の本屋へ。女性向けの家造りや暮らし方、収納などの雑誌を片っ端から見たけれど、「古民家を現代的にリノベーション!」とか「見せる収納が素敵!」とか、お金がないからそもそも無理だけど、あんまりピンと来ない。オシャレとかセンスとは違う視点のものはないかな〜と建築コーナーを見たら、中村好文著「小屋から家へ」という本に目が止まった。ソローや高村光太郎が住んだ小屋が載っていて、そうそう、私が憧れるのはこんな家だよ!
雪のおかげで、やっと自分の好みが確認できました。
posted by chisaka at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182214967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック