2017年12月21日

踵は“からげ縫い”

171221_0049~01.JPG
うちの木型は踵に鉄板を貼っていないので、踵はからげ縫いをしています。
鉄板がついていれば、釘をガンガン打って固定できるので、手間が省けるし時間短縮になる。でも、鉄板があるとちょっと固定して様子を見たり、微調整するのがスムーズにいかなくなる。いや、きっと上手く使いこなしている人もいると思うけどね。
靴の修理をしていると、釘がかなり錆びているのを良く見かけるし、昔ながらの方法で充分と思えるので、私はからげ縫いを採用しています。糸を引いたときにキュッと引き締まる感じも良いですしね。
posted by chisaka at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181897613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック