2017年08月28日

値段とクオリティーが合っていないパンケーキ

170827_1652~01.JPG
誕生日プレゼントにパンケーキをご馳走してもらいました。
8月に浅草にオープンした「紅鶴」というパンケーキのお店です。人気のため予約必須なのですが、予約は当日分のみで電話では不可。そのため開店前から予約のための行列ができています。そんなにハードルが高いのに、12時に開店して14時には当日分が完売。

誘ってくださった人が開店前から並び、それでとれた最も早い予約時間が16時半。
すごい強気のお店なんだな〜と思いつつ、予約時間に出向いたわけですが、出てきたパンケーキはこれまで食べた中で一番美味しかった。カウンターで食べるので作る様子が見えるのですが、それを目の当たりにすると値段とクオリティーが全然釣り合っていないのがよく分かる。
まず一度に二人分しか焼けない。二人分の卵白を泡立て、スフレみたいなホワホワの種を作って焼くこと約15分。私はシンプルなバター&蜂蜜にしたが、バナナ&チョコソースの場合はバナナをバーナーであぶり、チョコレートを使う分だけ温めて洋酒で香り付けし、トッピングのナッツは直前に乾煎り。いやいや、もっと手間を省くか、値段をつり上げないと全然儲からないよ!
聞いたところ、今のお値段は開店祝いのスペシャル価格だそうで、来月から正規の価格になるそうです。今の価格だと家賃すら払えないんだって…。そうだよねぇ、見ていて心配になったもん。
値段が上がるのは嬉しくないけど、潰れた方がもっと困る。値段も味もほどほどの店より、高くても本当に美味しい店は貴重です。
posted by chisaka at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180810992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック