2019年04月25日

ムカデの季節が到来しました

KIMG0684.JPG
先日、猫が変な声で鳴くので振り向いたら、10センチ程の巨大なムカデが畳の上にいました。

「吉次郎、逃げて!」と叫び、必死の形相で退治しました(火ばしで摘まんでトイレに流しただけですが)。猫は私の慌てぶりに驚いていましたが…。

もうムカデの季節ですね。
早速アマゾンでムカデ撃退グッズを探しました。昨年は家の周りに自然由来成分の顆粒を撒いたので、同じタイプの商品をネットで探してみたら、室内用がありました。ヒノキやヒバの木の香りでムカデを忌避するとのこと。猫にも安全だし、これでムカデが防げるなら万々歳ですよ。
消臭ポットみたいなのがヒノキの香りがするジェルで、これはメインルームに設置。ヒバの匂いがする小袋10個は窓や玄関などの出入口に貼り付けました。

効果があると良いな〜と思った数時間後、猫がムカデを咥えていました…。
「吉次郎!! 口から出しなさいっっ」

本当に効くムカデ対策グッズをご存じの方、是非とも教えてくださいませ。
posted by chisaka at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月24日

お猫さま?、もう少々お詰めください!

KIMG0683.JPG
猫の吉次郎は何度教えても、ベッドに乗らないというルールは覚えられませんでした。
今や我が物顔でベッドで寝ます。それにしても虎のような寝姿ですねぇ。

畏れ多くも、私めも同じベッドを使わせていただきますので、もう少々お詰めくださいませ〜。
posted by chisaka at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月20日

触るだけだよ!

KIMG0656.JPG
冷凍庫には刻んだネギがストックされ、冷蔵庫には茹でたほうれん草やブロッコリー。
こういう生活、憧れますよねぇ。
とりあえずほうれん草とチンゲン菜を茹で、カボチャは煮付け、切り干し大根のサラダを容器につめたら力尽き、ネギは洗って干しておいた。

あ〜っ、猫の吉次郎が台所に上がってネギをチョイチョイしてる!!
確か猫はネギは駄目だったよね。あれ?それは玉葱だったかな。
ともかく、触るならそっとだよ!
posted by chisaka at 13:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月19日

新しい爪とぎが到着!

KIMG0613.JPGKIMG0648.JPGKIMG0652.JPG
猫の爪とぎを買い替えました。
最初に買ったのは細長いタイプで、1つだと浮き上がって使いにくそうだったので、3つ連結してサイズアップさせていました。毎日ガリガリしたり、上で昼寝したりと役立っていましたが、ボロボロになってきて段ボール屑が周りに散乱するように…。
次は麻紐を巻いたポールもいいな〜と思ったのですが、土台部分が変な柄のフワフワした生地だったり、サイズが小さいかったり、うちの猫は壁で爪とぎをしないから縦型はどうかな〜と思ったり。
迷った末にサークル型を選びました。ベッドだと認識して爪とぎをしないかも…と懸念していましたが、包装から出した途端に中に入ってバリバリ!

何で分かったの?!
posted by chisaka at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月03日

猫の給餌機、その後

KIMG0616.JPG
猫の給餌機を買って、1週間ほど経ちました。
我が家では朝ごはんのみをセットしており、給餌時間と量がほぼ確定したところです。このマシーンは値段に見合うお利口さんで、餌は5グラム単位で設定できるし、ステンレスの受け皿は外して洗えるのも便利。設定が面倒で思わず舌打ちしたくなりますが、マシーンは小型で場所をとらないし、白いボディーもシンプルで好ましい。
給餌機としては文句は全くないし、購入を検討している知人がいたらこのマシーンをオススメします。
ただ、私は猫に早朝起こされないために購入しましたが、未だに毎日起こされます。うちの猫は寝るときに私と一緒に眠るのですが、早朝「もうすぐご飯かな〜」とモソモソ動き始め、餌が投入された音がすると、猫は私を踏み越えて餌にダッシュ!!その上、食べ終わったら「二度寝するから、布団の中に入れて〜」と布団の端を引っ掻きます。

でもストレスは減りました。起こす気満々で起こされるのと、つい起こされてしまうとの差でしょうか。
満腹でご機嫌な猫と、目覚まし時計が鳴るまで一緒に2度寝する毎日となりました。

猫に早朝起こされるのは、猫あるあるの代表的な1つですが、皆さんはどうしているのかな?
posted by chisaka at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記