2019年02月24日

漆喰塗りを体験

KIMG0547.JPGKIMG0548.JPG
ホームセンターにはDIY用の道具や材料が充実しており、自分で家の壁や床をリフォームしたという話もチラホラ聞く。
自分で改装すれば費用は格安になるし、出来栄えが少々不味くても仕方ないと思える。でも料理だって、何度か試すうちに加減やコツがのみ込めるわけで、ぶっつけ本番でリフォームを試すほどチャレンジャーではない。餅は餅屋という台詞もあるしね。
先日、旧グッゲンハイム邸開催された古家再生をテーマにしたトークイベントで、神戸R不動産の人がゲストだったので、終了後に追いかけて「無料バイトは募集していないですか?」と訊ねてみたのだ。ボロボロの古家を自分でガンガン修理しておられ、来てもいいよ〜とのこと。無料バイトと称すると聞こえは良いが、訳すと無料で教えろってことですからねぇ。
ともかく今日は9時集合、解散17時で、1日中壁塗りをした。珪藻土や漆喰をマスキングをした壁に塗る。ひたすら塗る、お昼にラーメンをご馳走になってまた塗り、3時のおやつなんて存在せず黙々と塗る…。
最初はうまく出来なくて、全然楽しくない。それでもリフォーム中の室内の壁をどんどん塗らせてもらう内に、コテの動かし方が分かってきて、凹まない程度には塗れるようになった。珪藻土は繊維が入っているからもったりした粘りけがあり、漆喰はサクサクしていて塗りやすく感じた。

今の住まいは、室内の壁が崩れているところがあるから、自分で塗ろうと思えば濡れるな〜と思えるようになったのが今日の収穫ですね。
身体はヘトヘト、着用したズボンとパーカーはドロドロ。来週は床張りをするそうだが、どうしようかな〜。
posted by chisaka at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記