2018年07月02日

メガネ業界の宝が!

KIMG0080.JPG
サングラスを新調したいな〜と思って、眼鏡研究社の情報をチェックしたら、なんと閉店していました。

えええっ!? あのはんなりとして頑固そうな(もちろん誉め言葉です!)店主さんの体調がお悪いようです。店内には次世代らしいお店の人もお見かけしていたので、品物も技術も店も続いていくと思い込んでいました。
眼鏡研究社のメガネは2つしか持っていないのに、残りの人生を乗り切れるかしら…。

眼鏡は靴と要素が似ています。デザインと機能が両輪であること、プロのメンテナンスが必要であること、お気に入りは人それぞれであること。
私にとって眼鏡研究社さんがベストでした。こちらに出会ったことで、コンタクトレンズはもういいや〜と思えました。眼鏡研究社の魅力はオリジナルのメガネと、店主さんの微調整する技術です。メガネのために新幹線を途中下車する価値がありました。

店主さん、良い眼鏡をありがとうございました。大事に大事に使わせてもらいますね。
posted by chisaka at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記