2018年04月29日

漫画に出てくる靴

180429_1330~01.JPG
先日の朝日新聞に、手塚治虫文化賞の大賞に野田サトルさんの「ゴールデンカムイ」が選ばれたという記事が載っていました。そんな賞があることも、この漫画も知りませんでしたが、描かれている人物が履いている靴に目が留まりました。漫画やイラストでは衣装は結構凝っていても、靴はさらっと流して描かれているものが多いように思います。
でも、この絵の女の子が履いている靴はインディアンモカシンと日本のつらぬき沓を合わせたような形状で、作ろうと思えば出来そうなほど細部まできちんと描かれている。底面から踵に続く立ち上がり部分に、ちゃんと縫い目があるんですよ!
このマンガを見てみたくなりました。図書館にあったりしないかなぁ。
posted by chisaka at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

射沓

180428_0808~01.JPG
流鏑馬のときに履く靴は射沓(いぐつ)と呼ばれます。私は武田流から声をかけてもらって作るようになりました。
作る度に少しずつ改良しています。今回は靴の中で足が滑らないように、中敷きの革を裏返して使いました。
以前、テレビ番組「情熱大陸」でパフュームが取り上げられていたとき、踊りも魅力である彼女たちのパンプスは特注で、中敷きの革を表裏逆にしているから足が滑りにくいのだと言っていたのがヒントになりました。
射沓はふんわりした形状なので、中敷きが滑り止め効果になってくれたら、より足腰が安定するはず。でも汚れは目立ちやすく、長く履くと滑り止め効果はなくなってきます。実際に使った感想を伺って、また検討していけたらと思っています。
この射沓は、自分のものだと見分けがつく目印が欲しいとのご要望だったので、かん止めに臙脂色の革を挟みました。黒糸で縫ったので、縞模様みたいで程よいアクセントになりました。
良い感じに仕上がりました!
posted by chisaka at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月15日

季節はずれの黒豆

180415_1912~01.JPG
引っ越しをすると、仕舞い込んでいたものが発掘されます。
例えば黒豆。もらった時点ですでに古米ならぬ古豆だったのに、更に私が寝かした代物。
甘く煮た黒豆は正月しか見かけませんが、他のレシピも浮かばないので煮てみました。案の定、煮ても煮てもやわらかくなりません。やはり古豆はダメなのか…と思いつつ、圧力鍋に移して加熱してみたら、シュンシュン鳴り出して8分でやわらくなりました。さすが圧力鍋!

あとちょっと何か食べたいというときに、黒豆はぴったりです。まだ古い黒豆が残っているから、気が向いたらまた作ろうっと。
posted by chisaka at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

百靴事典

180415_1824~01.JPG180415_1825~01.JPG
久しぶりに靴雑誌「シューフィル」が発行された。巻末にクロスワードパズルが載っていて、正解者先着10名に百靴事典をプレゼントとのこと!
この事典は靴のことなら大概載っていて、図や写真が多く、見ていて楽しいうえ勉強になる本なのだ。ずっと欲しいと思っていたので、大急ぎでクロスワードに取り組んで応募したのだが…。
先着10名に間に合ったようで、事典をいただきました。やった〜!引っ越し祝いと思って大事にするし、靴づくりも頑張ります。
posted by chisaka at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月03日

桜が満開

180402_2132~01.JPG180402_2346~01.JPG
桜が満開ですね。今夜は塩屋のジャンクションカフェで、新しくコーヒー豆屋さん「余白珈琲」をスタートさせたご夫婦を歓迎する会があり、私も押しかけで参加させてもらいました。
集っていたのは20人程で、看護士さんやアクセサリー作家さん、整体士さん、ダンサーさん、美容師さん等々。「塩屋」というキーワードで集まっているので、面白いほど職業がバラバラでした。
私が到着したとき、声をかけてくれた人はまだ来ていなかったので、ワイワイと立食パーティー中の1人に「すみません〜。これはどういうシステムですか?」と聞いて、参加ルールである持ち寄り1品をテーブルに出せばいいだけだと教えもらう。テーブルには手鞠寿司やらスベアリブやら春野菜の料理やら。みなさん、上手過ぎる…。私が持参したのはマカロニサラダ、ライ麦レーズンパンとフランス産チーズ。でもマカロニサラダは微妙にアルデンテっぽい食感になってしまったし、パンは焼きあがった一斤ごと持ってきてしまい出すに出せない…。でも皆さん楽しくおしゃべりしていて、誰の品なんて気にしてないから、こっそりマカロニとチーズを並べてから、美味しいものに箸をのばしつつ隣の人と話したり、おしゃべりに混ぜてもらったり。途中から知り合いも来て、参加者にじゃんじゃん紹介してくれました。と言っても知り合いの彼女ですら、今日で会うのが三度目なのに恐ろしく面倒見がいい。塩屋は全体的にこんなノリで、姉は「島みたいだね」と言っていましたが、確かに!小さな村みたいな身内感があり、目の前にいる人は友人扱いで、名字でなくファーストネー
ムで呼び合うのが普通らしい。

応援を兼ねて、コーヒー豆を買わせてもらいました。潜水艦がトレードマークのようです。水出しコーヒーを試飲させてもらいましたが、ご夫婦の雰囲気みたいに角がないやわらかい味でした。仕事始めにガツンと飲むより、三時や夕食後に飲んでホッとするのに向いてるかな。
posted by chisaka at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記