2017年03月29日

プリンターが故障?!

170328_2026~01.JPG
「さぁ、プリントしよう!」と電源をオンにしたら、数年前に買い換えたブラザーのプリンターが無反応。昨日まで全く問題がなかったので、あれ?と思いながら別のコンセントに差し替え、再度試したがシーン。
ここから少しずつ焦り始め、紙を入れ直したり、接続しているパソコンを再起動しても反応はなく、説明書を読み返しても答えがない。
自分ではらちがあかず、プリンターの説明書に記されている修理センターに電話したら、「番号が変わったから電話をかけ直せ」と自動音声が聞こえるばかり。ブラザーは結構メジャーな企業なのに、説明書にでかでかと載せている問い合わせ番号が数年(5年未満)で使えなくなっているとは…。更に電話をかけ直したら、「只今混雑中で、後ほどお掛け直しください」が延々リピート。そんなに故障が多発しているのか、担当者は一人しかいないのかと思いながらストーカーのように電話攻撃の末、やっと電話が繋がった。

つながった担当さんは意外なほど礼儀正しく丁寧な口調で、さすが有名メーカーという感じだった。すご〜く待ったけどね。
品名と状況を説明したら、「修理に出してください」と即答。買った時期などは聞かれず、費用は送料(クロネコが回収に来てくれる)も修理費も不要とのこと。保証期間は過ぎているのに何で?
結局修理に出してから4〜5日で帰ってきた。添付のレポートを見ると、こちらが電話で話した症状は確認できなかったけど、予想範囲で幾つかの部品交換をしておいたとのこと。私が何度試しても無反応だったのに、修理センターでは問題なく電源が入ったということらしい。
でも問題なく使えるようになって良かった〜と思いつつインクカートリッジをセットしたら(修理に出すときは取り出しておくよう指示された)、インク切れとの表示が出るばかり。インクの残量は目視できるし、振れば液体が飛び散るから詰まってもいない。インクは高価だから何度も何度も出し入れしたり振ったりして、黒は感知したけどカラーはいくら粘っても駄目だった。
諦めてインクカートリッジをネット通販でポチッ。プリンターの修理代がインクカートリッジ代だったということか…。

でも今回の流れで最重要ポイントは、インクは純正品のみ使用ということ。メーカーは修理を受けたら最初にインクの検査をするらしい。そこで他社のインクが検出されたら、「故障の原因はうちのせいではありません」という態度になるようだ。返送されてきたプリンターにも、その旨の説明文が警告のように添えられていた。渋々高い純正品を使っていて良かったと初めて思いましたよ!
でも今はプリンターは安いから、代用品のインクを使って、プリンターが壊れたら機械を買い直す方が安上がりだったりして…。メーカーはインク代でプリンターの利益も回収していると聞くけど、その仕組みに無理があるのではないかなぁ。
posted by chisaka at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月22日

ターン式とウエルト製法の中間?

170322_1716~01.JPG
今日修理でウエルト交換したイタリア製の靴は、ターン式とウエルト製法の中間みたいな構造でした。
中底は踵から親指の付け根手前までが固い素材で、そこから指先まではアッパー用の柔らかい革が使われている。その中底にウエルト製法の方法でウエルトが付く。
つまりターン式みたいなソフトな履き心地で、ウエルト製法みたいに修理が出来るはずだ。
「こればいい方法じゃない!?」と修理の作業場でも盛り上がりました。私も作って履き心地を確かめたい!
posted by chisaka at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ヒロヤナギマチのセミナー

170321_2327~01.JPG
先週の17日、浅草ものづくり工房で行われたセミナーに参加しました。
靴のビスポークメーカーであるヒロヤナギマチの代表である柳町弘之氏によるセミナーで、今回は近年力を入れているトランクショーについてのお話でした。海外向けの木型の開発から始まり、候補地の選び方、現地店舗と金額や方向性のすり合わせ、海外にも対応した活発な情報発信などなど…。
成功は“当たって砕けろ!”のやる気と勢いだけでなく、事前の賢明なリサーチと念入りな準備が必要なのだとよく分かりました。
スゴいです。スゴすぎます。とりあえず私は目の前にいる人に満足してもらえる靴を作れるようにガンバロウ…。
セミナー後に木型とフィッティングについて質問したくて、木型やら靴やら持参していましたが、柳町氏はたくさんのセミナー参加者に囲まれておられて近づけませんでした。残念!
posted by chisaka at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月21日

お礼のお便り

170321_2121~01.JPG
小学校2年生の甥からリクエストを受けて長財布をつくったら、今日お礼のお便りが届いた。
財布が到着した日にも電話をくれたが、財布の挿絵付きのお便りに叔母さんは感激!
字も丁寧だし、絵も上手に描けてるな〜と何度も見ています。メールや電話も便利ですが、手紙ならではの良さは捨てがたいものですね。
posted by chisaka at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月16日

フエキ糊

170316_1516~01.JPG
スティックのりを使いきったので、スーパーに買いに行った。
スティックタイプは使いやすいのですが、容器のわりに中身は少量で、しかも構造的に最後まで使い切れないのが難点。別のタイプにしようかな〜と商品を見ていたら、愉快な子を発見!
手が汚れるのと、楽しい気分で作業できることを天秤にかけ、楽しさを優先してお買い上げ〜。
机にあるだけで愉快だし、早く使う機会がこないかなぁと仕事も前向きに取り組めます。
ちなみにスーパーなら160円ですが、Amazonなら298円。特殊な電球やプリンターのインクなど、私もAmazonには大変お世話になっていますが、身近なものはスーパーで実物を見ながら選んだ方が面白いし案外安い。まぁ、つまらない品揃えの店もありますけどね。
posted by chisaka at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月13日

長財布

170313_0608~01.JPG
長財布をつくりました。
以前は二つ折りの財布を使っていましたが、お店などの支払い時に折れ曲がっていないお札を出す大人の姿を見てから、長財布の素敵さに気が付きました。
革だけはたくさんあるので、自分でつくったものを使っています(写真上)。それを見た甥が「同じのが欲しいなぁ〜」と。財布は二つ折りの形もあるよと説明したが、長財布がいいとのこと。小学校2年生で長財布の良さが分かるとは!
イタリア製のヌメ革で手縫いで仕上げました。こんなのを使っていて、お友だちにビックリされないかな!?
posted by chisaka at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月09日

フィッティングサンプルをつくりました

170309_1722~01.JPG
内羽根のご注文をいただきました。
足の採寸をさせていただき、まずフィッティングサンプルをつくります。
サッカー経験者のため足がすごくしっかりしていて、木型の外側と内側にかなり補正をしました。その割にはスッキリまとまったような〜。
足入れをしていただくのが楽しみです。大丈夫かな?という不安もありますけどね。
posted by chisaka at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月01日

アカデミー賞

アカデミー賞が発表されましたね。ノミネートされる映画や俳優などは詳しくないですが、授賞式は受賞者の反応やスピーチ、衣装、友人関係など、ドキュメンタリーを見ているみたいで面白いです。

靴業界にもアカデミー賞があればいいのに!投票できるのは靴の仕事に携わる人だけで、デザイン賞、素材賞、コンセプト賞、新開発賞、伝統賞、販売戦略賞とかあるわけ。靴業界の内部や裏事情をよく知る人が投票するから、世間の評判とは違う靴が評価されたり、改めて光が当たる努力があったりして、靴業界にもいい風が吹くんじゃないかな。
posted by chisaka at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記