2017年02月23日

ミモザの花

170222_1301~01.JPG
曇り空に、黄色のミモザの花が映えていました。思わず二度見するほどまっ黄色で、もう春なんだなぁと思う今日この頃。
色といえば、今日歯医者さんでマウスピースの色を選びました。選択肢はピンク、黄色、緑、青、オレンジ、白、黒。ちなみに人気色はピンクだそうです。歯茎と同じ色だからかと聞いたら、「男性は必要だとオススメしても抵抗があるらしく、積極的にマウスピースを取り入れるのは女性なんですよ」と歯医者さん。
私はオレンジにしました。緑を選ぶかと思ってた〜と歯医者さんに言われましたが、布団まわりが青と緑なんですよ。寝ぼけて紛失しそうだから、探しやすい色にしてみました。寝ている間の歯ぎしり対策ですが、どんなものでしょうね。

歯医者さんには、ラグビーをするちびっ子もマウスピースを作りにくるそうです。男の子だから青や緑を選ぶ子が多いけど、芝生でプレーすると緑のマウスピースを探すのは大変なんだって。ラグビーあるあるですね!
posted by chisaka at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月14日

ハッピーバレンタインデー!

170213_1546~01.JPG170213_1543~01.JPG
バレンタインデーですね。私は手づくりのチョコレートをもらいました。
これまで「チョコレートの美味しさが分からん」と思っていましたが、美味しいものを食べたことがないだけでした…。お金を払ってチョコレートを買う人の気持ちが初めて分かりました!こんな素敵なチョコレートに出会えるなんて、バレンタインデーもなかなか良い日ですね。

ちなみに私が周りに贈ったバレンタインギフトは、日本橋の大木唐からし店の七味唐辛子とゆかりのセットです。七味唐辛子は注文してから調合して袋詰めしてくれるので風味が抜群で、ラッピングしていても香るほどです。まぁ、女子力はゼロですね。
posted by chisaka at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月12日

土佐文旦

170212_2110~01.JPG
いま土佐文旦が旬らしく、八百屋さんにオススメされて買った。
一つずつラッピングされているのだけど、「たくさんの果物の中から土佐文旦をお選びいただきありがとうございます」と書いてあった。この気持ち、分かります。わたしも物作りをしているわけですが、ホームページやブログを見て問い合わせをいただくと、膨大な情報の中からよくぞ見つけてくれました!と思いますからね。
文旦は味もさることながら、香りが最高です。苺みたいに周りの人を引き寄せるような甘い香りではなく、自ら近寄った人しか楽しめない控え目ながら離れがたい香りです。食べた後も惜しくて外皮を捨てられません…。
posted by chisaka at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

乃木将軍のサイドゴアブーツ

170210_1409~02.JPG
浅草にある皮革産業資料館副館長の稲川さんが、京都桃山の乃木神社に保管されている乃木希典将軍のサイドゴアブーツのお手入れをしたと冊子の記事に書いておられた。
いまサイドゴアブーツを作っているので、“サイドゴア”と聞くと反応してしまう今日この頃。早速連絡をして、乃木将軍のブーツの写真などがあれば拝見できないかとお願いしたら、有り難くも快諾のお返事をいただいた。
サイドゴアブーツは軍靴としても用いられ、乃木将軍も同じサイドゴアブーツを複数所有。因みに彼の長靴はエルメス製とのこと!
サイドゴアブーツは日本製で、乃木将軍のリクエストで左右がない造りになっているのが特徴。戦場で飛び起きてもサイドゴアなら履きやすく、左右がなければ暗闇でも困らないというのが持論だったそうです。でも履いているうちに足に馴染んで左右が出来てくるし、実際彼の靴も左右の識別ができたとのこと。前後が長いのは、履くときにそこを引っ張るため。ループが縫い付けてあるタイプもあるけれど、布製だと使ううちに千切れるもんねぇ。
写真で見た乃木将軍のブーツは、ゴムは伸びていたけど、革底でしっかりした造りのようでした。写真と共に伺った稲川さんのお話は興味深いものでした。稲川さんは製靴業に携わる一方で、文化や産業面での靴の研究も続けてこられた方で、豊富な知識や資料をお持ちです。浅草靴業界の宝ですね!
posted by chisaka at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月11日

キッズ用のリール付キーケース

170211_1819~01.JPG170211_1826~01.JPG170211_1832~01.JPG
キッズ用のキーケースを製作。小学生がランセルにつけることを想定しています。
鍵が見えたり音をたてたりしないように、スナップで開閉する蓋がついています。リールは35センチほど伸びるので、キーケースはランドセルにぶらさげたまま鍵を使えます。
サンプルを自分で使ってみたところ、私の鍵は5本あるので、メスのシシャモみたいにパンパン…。このデザインなら2〜3本までですね。ちなみに注文の際に鍵の大きさや形状を伺い、サイズは調整いたします。
リールは当たり外れがあるそうなので、2ヶ月以内に故障したら無料で交換いたします。また、ほぼ手縫いなので糸が切れたら縫い直しもできますよ!
posted by chisaka at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月04日

切りにくいカーブはダメ

170203_2307~01.JPG
型紙をつくっていて、カッターナイフで切りにくい箇所があったら要注意。
カッターナイフは常に刃を折って切れ味は万全なので、切りにくいところは大抵カーブがキツすぎるか、前後との繋がりが不自然などの原因がある。そして往々にして不自然なところはバランスが悪い。
今回はサイドゴアのブーツを製作中ですが、「やっと型紙が出来た!」と思っていたのに、ゴムの入る箇所の下部カーブが切りにくい…。写真上が修正前、下が修正後。カーブのスタートを2ミリ上にずらし、カーブをゆるくしました。たったこれだけで、スムーズに切れるようになるから不思議。型紙はほぼ全部作り直しですけどねぇ。
posted by chisaka at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月03日

節分ですよ

170203_1531~01.JPG
今日は節分ですね。
お天気も良かったので、作業場の裏手にある待乳山聖天の豆撒きに参戦してきました。
豆撒きは笛と太鼓の演奏、赤鬼と青鬼の踊りとなかなか風情あるスタートでしたが、豆が撒かれ出すと後ろから突き出された腕に頭をぶたれ、横から突き飛ばされ、手の中のものすら掴み取られ…。怖っ!
ポケットがいっぱいになったところで退散し、作業場のご近所のお姉さま方に豆をおすそ分けしたら、「豆の数が足りないよ!」と突っ込まれました。節分の鉄板ネタですな。

豆撒きに参戦したのは小学生以来ですが、手を伸ばして掴み取るという感覚は久しぶりでした。
「幸せ」もたまたま落ちてくるのを待つだけでなく、手を伸ばして掴み取るものかもしれませんねぇ。
posted by chisaka at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記