2016年09月27日

カーフのアッパー、2丁上がり!

160927_0443~01.JPG
カーフを用いた内羽根とローファーの縫製が完成。
よそ様の急ぎ仕事で、夜中にせっせと縫いました。いや、正確には週末に「闇金ウシジマくん」というドラマにハマって、作業が遅延したせいです…。いや〜、山田くんは演技が上手ですよねぇ。明らかに悪役なのに悪い人に感じない匙加減が絶妙。怖い顔をしたまま「カワイイものしりとり、スタート!!」というシーンが何度見ても笑えます。

夜中の作業には音楽が必須です。今夜はひたすら宇多田ヒカルでした。私は音楽に興味が薄いので、声が好きかどうかだけで選びます。聞いたところによると、宇多田ヒカルが日本人に支持される理由の一つは声に寂しい響きがあるからだとか。でもノリの良い曲も多くて、大音量で聞きながら機嫌よく縫製できました。ヒッキー、ありがとう〜。
posted by chisaka at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月19日

寒川神社へ納品

160919_0122~01.JPG
神奈川県高座郡の寒川神社からご注文いただいた射沓3足が完成。こちらの神社の方が使われるそうですが、流鏑馬の流派としては武田流だそうです。
寒川神社で流鏑馬が行われるときは、観に行ってみたいなぁ。
posted by chisaka at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月15日

まっくろくろすけ

160914_2335~01.JPG160914_2338~01.JPG
真っ黒なカリガサンダルを製作。アッパーはしっとりとオイルを含んだ黒のイタリア製牛革、革のミッドソールも天然クレープも黒。天然素材を使っているためか、どこもかしこも黒だけど、黒い毛並みの動物みたいにやんわりした雰囲気です。
黒がお好きなお客さまに納品予定。前回お見えになった時も上から下まで黒の装いでした。彼女のアイテムの一員として、役に立ってくれたらいいなぁ。
posted by chisaka at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月11日

カーフは繊細

160910_2118~01.JPG160911_2329~01.JPG
よそ様のモンクストラップの縫製が完了。
革はカーフなので傷が付きやすく、ビーディングテープを貼る作業も作業台に革を敷いたり、ミシンの金具などにもガードを巻いて擦れないように気を使います。
何とか大きな傷もなく出来上がって良かった〜。ところで、夜に黒い革に黒糸でミシンかけをしていると、ちょっと見えにくい。これは疲れ眼なのか、もしや老眼?!
posted by chisaka at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月10日

美人がやって来た!

160907_1928~01.JPG160907_1927~01.JPG160907_1929~01.JPG
靴の修理屋さんには、時々すごく魅力的な靴がやって来ます。有名ブランドや高価な靴というより、流れ作業ではなく1足ずつ作られた感じがする靴です。
今回はチャーチの靴なのですが、古いものなのか私は見たことがない風貌。ミシン目が非常に細かく、デザイン線もバンプラインに丸みがあり、フェイスの飾りミシンもこんなに後方まで長くしてもいいんだ!と驚いた。踵のバックストラップもきちんとデザインされている。
古い注文靴なのかしら。こんな靴に出会えるのが靴修理屋さんで働く大きな楽しみです。
posted by chisaka at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月07日

「お母さんが読んで聞かせるお話」

160906_1800~01.JPG160906_1801~01.JPG
お子さんが生まれた知人にプレゼントしたいな〜と絶版本「お母さんが読んで聞かせるお話」を入手。
自分が小さいときは、寝る前によく読んでもらっていました。当時は白黒のイラストが地味で可愛くない…と思っていましたが、久しぶりに見ると、なんて素敵なんでしょう。靴屋さんのお話の絵も魅力があり、本を手放すのが惜しくなってきたなぁ。
posted by chisaka at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月04日

スエードのアッパー

160904_1855~01.JPG
スエードのアッパーを縫製中。
よそ様のものを縫わせてもらっているのですが、厚さが0.6ミリほどでやわらかな革なので、漉き機を使うと革が寄れてしまう部分が出る。よそ様の革を失敗するわけにはいかないので、手で漉くことに。時間がかかるけど、手作業が一番安心で確実なんだよねぇ。いや、漉き機の扱い方が下手なだけなのですが…。
先日、靴づくりの先輩に「腕が上がれば、安い革でも良い靴ができますか?」と聞いたら、「靴の出来は、革の良し悪しでなく漉きの技術で決まるよ」とのこと。そ、そうなんですか!?
posted by chisaka at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記