2016年03月31日

サルトルのブーツ

160323_1358~01.JPG
サルトルのブーツのスゴいところは自立すること。ちょっと揺らしたくらいではビクともせず、修理のときに筒の部分を曲げたくても曲がらない。使われている革は厚くないが表面に張りがあり、きっとデザインやアッパーの仕上げ方にも工夫があるんだろうなぁ。
ちなみに横に並んでいるブーツは、手を貸してやると右は辛うじて立つようになるが、左は何度やってもダメ。ヒールも細めだし、デザインの違いもあるし、自立することが重要かどうかも知らないが、サルトルはしっかり作られているなぁ〜という印象を受けます。
posted by chisaka at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月22日

オールデンの魅力

160322_1300~01.JPG
靴の修理屋さんには色々なブランドの靴がやってきます。ジョンロブやエドワードグリーン、ベルルッティーなど、デザインや木型も様々なので中敷きのロゴを見ないと、どこのブランドか分からない靴も少なくありません。
そんな中、異彩を放っているのがオールデン。独特なつま先の形状、ずっしりした重量感。デザインや革の種類もあれこれなく、見ればすぐにオールデンだと分かります。靴に興味がない人が見れば、ほぼ同じに見えるかも…。
「靴は道具であり、丈夫で男らしくてガツガツ履ければ良いんだよ!」って感じが良いですよね。底材の革もしっかりしており、修理のときにコバに紙ヤスリをかけると綺麗に仕上がるので、気分良く作業ができます。
このブランドのネックは、履く足を選ぶということでしょうね。親指の付け根から指先が真っ直ぐの足の人にはフィットしますが、外反母趾気味の人は不向きです。それでは女性は合わない人が多いだろうな〜と思ったら、レディースはないそうです。割り切り方がスバラシい!
posted by chisaka at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月15日

確定申告、滑り込みセーフ!

160315_1238~01.JPG
今日は確定申告の締め切り日。
昨晩深夜三時まで電卓と格闘して何とか升目を埋め、朝一番で税務署へダッシュ!
9時前に到着したのに、すでに受理カウンターは給料日後の銀行のように長蛇の列。最終日はやっぱりこうなるよねぇ。
でも、とりあえず予定通りに出勤前に提出できて、ほっとひと安心。大仕事を終えた気分で、桃の花が殊更きれいに見えました。
posted by chisaka at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月02日

春ですね!

160216_1240~01.JPG160216_1239~01.JPG
寒さは残るものの、すっかり春めいてきましたね。
近くの神社ではお堂に雛人形がずらりと飾られています。よく見ると、沓を持つお侍さんを発見。鼓をもつ人や弓矢をもつお侍さんがいるのは覚えていたが、沓の人がいたとは知らなかったなぁ。しかも靴ではなく、ちゃんと沓の形状をしていました。
春になると、何かを始めたくなります。私が新たに始めたのは腕立て伏せと、朝晩に白湯を飲むこと。
今年は熊野古道を歩きに行ってみたいなぁ。
posted by chisaka at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記