2019年10月06日

マイスター靴工房KAJIYA

KIMG0979.JPG
今朝朝日新聞の別刷りに、ドイツ整形外科靴マイスターの中井要介さんの記事が載っていた。
足のアーチが崩れたり、外反母趾や過回内などのミニトラブルがある場合は、インソールで足を補正したうえで、その形状に合う靴作りをするのがよいと思っています。
私は製法の面から靴作りをスタートしているので、整形靴やインソールなどの勉強はしていません。幸か不幸か私の足は横アーチが崩れて過回内なので、まずは自分の足で色々なインソールを試し、効果を調べているところです。一万円代のオーダーだと痛みは半減するレベルだったので、医療系も試したいと思っていました。
中井氏はドイツ整形外科靴マイスターの資格をお持ちとのこと。記事に「神戸市灘区に支店をオープン」とあったので、インターネットで調べたらオープンは昨日。さらに5日と6日限定で中井氏が靴や足の相談を受けるというオープニングキャンペーンが!
インソールといっても仕様やレベルは様々なので、内容を聞いてから作るかどうか検討出来るのは有り難い。もう簡易オーダーメイドは試し済みだし、かと言って保険が効かないと手が出ないほど高価なのも困るわけで…。

お店は王子公園の駅近く。店内には順番待ちのお客さまがすでに2人いて、なかなかに盛況な様子。お店にはコンフォート系の靴が並んでいて、お客さまは店員さんと相談しながら買う靴を決め、必要ならインソールで調整するという流れのようだ。
靴を買うのが前提かな〜と不安になりつつ、私の順番が来たので「甲が薄くて足が前にずれやすいのですが、インソールで調整できますか?」と聞いてみた。ちなみにお店の人は2人おられたが、私はたまたま中井氏だった。
とりあえず足を見ましょうということで、裸足になり、見た目をチェック。さらに前を向いて足踏み、後ろを向いて足踏み(荷重したときの足の変化)。交互に片足立ち (左右の筋力差)。腰骨チェック(腰骨の位置で、骨盤の左右前後差を判断)。
「左右ともアーチが崩れていて、左の方がより悪い」
そうなんです。
「今後は加齢により更に悪化します」
そうでしょうね。
「いまは常に筋が引っ張られた状態です。疲れやすいでしょ?」
帰宅時、地団駄踏みたくなるほど足の裏が痛いのはそのため!?
「インソールを入れたら楽になりますよ」
絶対入れます!

ただ、オーダーインソールは4ミリ厚さなので、もともと厚みのあるインソールが入っている靴にしか入れられない。だから4ミリ厚さの隙間を確保した革靴を作ってから、それに合わせてインソールをつくることにしました。楽しみだから、早く靴を作らなきゃ!

中井氏は、私がギルドで学んでいた時の縫製の先生とお知り合いで、今も親しくされているそうです。世間は案外狭いですね。KAJIYAのホームページに載っている後ろ姿の女性は牧本先生では?履いている靴のヒールが先生好みの形状をしてるような…。
posted by chisaka at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月01日

買おうか迷った末…

KIMG0969.JPG
10月から増税前に買っちゃう?と検討した品は幾つかある。
炊飯器、タキタの掃除機、靴下、キャットフード、風呂用の椅子。
炊飯器はあると便利だけど、玄米が美味しく炊ける炊ける機種は高いし、最近見つけた食パンにハマっているから今回はパス。箒で掃除すると猫の毛が舞うので軽量の掃除機が欲しいが、通常タイプをもっと使いこなしてから検討すべき…なのでこれもパス。
靴下は買いました!滑り止めつきの靴下で、一度履き始めると、他の靴下では靴の中で足が動いて気持ち悪い。2足しかなかったので洗いがえを購入。キャットフードは少し買い貯めしたくて店に行ったが、その日は定価。定価+税8%と安売り+税10%では値段は変わらないことに気づき、買うのは止めた。
風呂の椅子は、無くても何とかなるけど〜と思いながら、Amazonで購入。立派な店で買うと5〜6千円するのに、こちらは3千円台。送料やAmazonへの出店料を考えると工賃はいくら!?期待しちゃいけないだろうな〜と思っていたが、届くと結構良い!しかも使うともっと良いのだ。乾燥した状態だと檜の香りはしないが、濡れると途端に香り始める。翌朝風呂場を覗くと、ふわっと残り香までする。恐るべし日本製。良い買い物をさせていただきました!
posted by chisaka at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月11日

寝ようと思ったら…

KIMG0944.JPG
早めにベッドに入って、図書館で借りた本を読もう!と、ベッドを見たら…。

猫の吉次郎が「一緒にこのベッドを使いたいの?」という顔をした。

4つある猫用ベッドは昼寝用、夜の仮眠はソファーの上、就寝は私のベッドと使い分けている様子。
“僕のものは僕のもの、君のものも僕のもの”って、ジャイアンか!?
posted by chisaka at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月27日

夜な夜な木型にパテを塗る

KIMG0926.JPG
長くお世話になっている福井靴木型さんが近々廃業されるというので、駆け込みで木型修正に励んでいます。
これが今のベスト!と思って新しい木型にゴーサインを出すのですが、サイズを幾つかプラ型におこして靴を仕立ててみると、攻めすぎて許容範囲が狭くなりすぎていたり、改めて師匠の木型と見比べると、踵のふっくら感が不足していると気付いたり…。
寝る前にパテを塗っておけば、乾かす時間をしっかり確保できるので、夜な夜な作業をしています。こんなに盛っていますが、表面に段差が無いように削ると、厚みはちょっぴりしか残りません。足囲で2ミリ増を狙っていますが、これくらいでどうかな〜。底面にも塗ったので、りんご飴状態で乾燥中。
posted by chisaka at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月20日

誕生日プレゼント

Effect_20190820_075958.jpgKIMG0613.JPG
甥っ子が誕生日プレゼントをくれました。
飼い猫の吉次郎を描いた絵です。おばさん、超嬉しい!甥が撮ったカメラの画像を見ながら描いてくれたそうですが、私の写メデータの中から似た表情の画像を選んでみました。似てますね〜。
ちなみに、ふだんの吉次郎はもう少々「毎日いたずらを欠かしません!」という顔をしています。
posted by chisaka at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月13日

「ちゅーる」に負けた…。

KIMG0853.JPG
うちの猫は食が細いこともあり、カリカリのキャットフードに加えて鶏肉を茹でてあげていました。当初は喜んで食べていましたが、近頃は残すことが続いたのでやむ無く休止。産地も明記されている国産鶏なのになぁ〜。
飼い始めたときに買ったちゅーる(大人気の猫用おやつ)が残っていたので、久しぶりにあげたら頭から皿に突っ込む勢いで食べていました。
やっぱりママの愛情よりちゅーるなのね…。
posted by chisaka at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月10日

暑いです

KIMG0908.JPGKIMG0910.JPG
暑いですね。毎日冷たいものばかり食べています。ランチは冷やしうどんで、具はトマトとシーチキン。10分で用意したわりには、一応野菜も食べた気になれる手抜きメニューです。
靴づくりをする部屋にはエアコンがないので、扇風機をつけながら作業をしています。室温は33度で、熱中症警報がうるさいので消音にしています。ニコニコマーク君はずっと困り顔ですねぇ。
posted by chisaka at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月08日

お友だちと悪ノリ

KIMG0898.JPG
姉一家が旅行中、うちの猫を連れて猫シッターをしました。
おうちの人がいないので、姉宅の虎猫コナツ君はテーブルの上でのびのび〜。「乗っても問題ないよ」という顔をしているのを見て、うちの吉次郎も「それなら僕も!」と便乗。
コナツ君、テーブルに乗ったらダメ!と言われているのを知ってるよ。でも夏休みだし、私は見て見ぬふり。ママに証拠写真を送っちゃったけどね。
posted by chisaka at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月26日

暑いですね

KIMG0879.JPGKIMG0880.JPGKIMG0881.JPG
暑いですね。でも「暑いな〜」と言いながら、窓を全開すれば凌げるレベルです。
釘を使うつり込みのような作業なら、釘と汗による汚れが靴に付くと困るのでエアコンを入れますが、いまはベビー靴製作なので、常温でも何とか大丈夫。手ぬぐいで頻繁に手を拭き、汗が革に付かないように気を付けましたが。
猫が傍で伸びています。涼むために大理石の板を買おうかな〜と思ったりしますが、畳より涼しい板間やタイル張りのエリアに行ったりしないので、“ひんやり”は求めてないようです。
大理石、ちょっと買ってみたかったな〜。
posted by chisaka at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月18日

夜な夜なチャンをつくる

KIMG0852.JPG
翌日に使えるよう、寝る前にチャンをつくりました。
チャンというのは、靴の底まわりを縫う麻糸につけるワックスです。松ヤニと油がメインの材料で、私はそれにパラフィンとミツロウを加えます。配合や材料の取り合わせは人それぞれで、夏冬でも配合は変わります。
チャンづくりはちょっと自信があったのに、久しぶりにつくったらカンが鈍っており何度も作り直しました。
しかも翌朝冷めたチャンをチェックしたら、少し柔らかすぎる。ため息をつきながら朝4時からチャンを作り直しました。トホホ…。
posted by chisaka at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記