2020年09月12日

久しぶりに映画を観た

KIMG1436.JPG
ゴタゴタがあり、普段のんきに暮らしている分、クヨクヨ悩んでしまう。夜中に目が覚めて寝られず、夕方から頭痛がする。 今夜は何もやる気がおきないが、ベッドに入っても寝られる気がしないので、どうやって時間をつぶそうか…。

ぼんやり映画を観るか。お金さえ払えば、自分は何もしなくて良いからね。上映中の映画で観ようかな思ったのは『ハニーランド』『幸せのまわり道』で、時間が合うのは後者だった。
映画館に行くのは4年ぶりだし、コロナの影響なども知らないまま出向いてみた。
426席の会場に客は5〜6人。左右どころか前後にも全くお客さんは居なかった。とても寛いだ時間を過ごせたし、映画も地味で良かった。あのキャラクターを嫌みなく演じられるトム・ハンクスがスゴい。
おかげで、帰るときは頭痛は治っていました。月に1度レイトショーを観ることにしようかな。いま、映画館は秘かにお薦めですよ!
posted by chisaka at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月11日

納品が遅れて申し訳ございません!

KIMG1434.JPG
納品が2ヶ月も遅れ、大変申し訳ありません!

流鏑馬に用いられる射沓で、ポイントカラーにターコイズをご希望。ターコイズという宝石はかなり色に幅がありますが、ティファニーのブランドカラーは最高級のターコイズの色だと聞いたことがあったので、あのティファニーブルーに近い革を探してみました。

夏は作業場の温度が30度を越える日が続き、全く仕事になりませんでした。以前は30度越えは珍しかったはずですが、知らない内に全部屋エアコン設置は当然の時代になっているの!?
posted by chisaka at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年09月10日

がっかりしている人にお薦め

KIMG1435.JPG
がっかりした気持ちで帰宅する途中、商店街の「ご自由にどうぞ」のコーナーに『夜廻り猫』という8コマ漫画の本があったので持ち帰った。

時間潰しになれば〜と何となく手を出したが、思いの外いまの自分にピッタリだった。
たまに読み返したくなりそうだから手元に置いておきたいが、他の人にも出会ってもらいたいからご自由にどうぞ」のコーナーに返すべきか。悩むな〜!
posted by chisaka at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月30日

チビたち、幸せになってね!

KIMG1428.JPGKIMG1416.JPGKIMG1409.JPG
わが家の居候猫たちの飼い主が見つかりました!
野良猫の子ども3匹を保護して半月。ゲージに慣れてきたとはいえ、猫砂は飛び散り、フードの入った器を蹴り倒し、水にはフードや猫砂がプカプカ浮いている。そんなに騒いでいるのに、私が覗きに行くと、一斉に段ボール箱に逃げ込み、見えるのは足と尻尾だけ。
こちらは精一杯お世話しても、大きな迷惑!とばかりの態度に嘆き、愚痴り、怒る毎日でした。情が移ると困るから名前は付けませんでしたが、接する時間が増えると、個別の性格も分かってきて、なつく子もなつかない子も各々の可愛さが見えてくる。
引き取り手がない子はうちの子にするつもりだったが、まさかの3匹まとめて飼いたいという奇跡のような希望者が見つかりました!今年の運はこれで使い果たしたな。
ビヒリのお兄ちゃん、おっとりのまん中、しっかり者の末っ子、幸せになってね!バイバイ。
posted by chisaka at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月25日

絶賛飼い主募集中!!

KIMG1392.JPGKIMG1393.JPGKIMG1396.JPG
ただいま子猫3匹の飼い主を絶賛募集中です!
保護してから2週間がたち、最初はゲージに近寄るだけで威嚇していましたが、いまはナデナデはクリアして、1匹は抱っこできるようになりました。
3匹は兄妹ですが、じっくり観察できるようになると、顔つきや性格が見事に異なります。

カメラ目線の黒の女の子はおっとりした性格で、ナデナデも抱っこも最初に可能になりました。ゴールドの目がチャームポイントで、よく目が合います。たぶん万人向き。
アゴに手を添えている黒の男の子は、怖がりで控え目。手を近づけるとシャー!と言いますが、強引に顔を上げさせても困った顔をするだけ。慣れたら、飼い主さんだけにべったり甘るタイプかも…。
サバ虎の女の子は、小顔で目が大きな美猫系。さっぱりしたツンデレで、独りで楽しくお留守番できるタイプ。働く一人暮らしの飼い主さんにぴったりだろうなぁ。

3匹ともワクチンやノミトリなどの譲渡会に参加するための獣医チェック済みで、避妊手術も受けています。
ご興味のある方、是非ご連絡ください。ちなみに9月5日に神戸市の塩屋で開催される譲渡会にも参加予定です。場所はJR塩屋駅近くのコミュニティースペース「しおみちゃんの家」で、時間は13〜15時まで。他にもたくさん子猫や大人猫がいるので、気軽に覗いて欲しいです。お待ちしています!
posted by chisaka at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月23日

高砂の猫カフェ「まーぶる」で譲渡会デビュー

KIMG1389.JPGKIMG1385.JPGKIMG1381.JPGKIMG1388.JPG
高砂市の猫カフェ「まーぶる」にて開催中の譲渡会に参加中。
うちの子猫たち、愛想まったくなし。1才のシロキジさんはトライアル決定。羨ましいです!
うちは抱っこの練習を始めようかな。
posted by chisaka at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月18日

保護猫のお世話をして1週間経過

KIMG1370.JPGKIMG1371.JPG
いや〜、こんなに大変だとは思わなかった。これまで私が接してきた猫は、飼い猫か、飼い猫予備軍であって、野生の猫は別物なのだと痛感。私、猫は好きじゃなかったのかも!?とすら思いました。
ゲージを2つに増やして、母子を分け、抵抗が少ない子猫たちに点眼薬と点鼻薬を毎日投与。軍手をはめ、子猫をゲージ入口に引寄せて投薬するが、手際が悪いと噛みついてくる。そもそも私を見るだけで、フリーズし、次の瞬間には奥に逃げる。ご飯の皿はひっくり返し、ゲージの床は猫砂が散乱、その上に水をこぼすから、掃除は毎回1時間はかかる。
ママ猫は警戒心が強く、早々に血が止まらないほど引っ掛かれた。トイレ掃除をするだけで、何度もシャーシャー怒られるし、ゲージの横を歩くだけで本気の猫パンチが飛んでくる。
羽根つきのボールもチュールも反応がなく、ゲージの中でじっとしている姿を見ると、少し前までは草原を自由に歩いたり遊んだりしていたのに、「飼い猫の方が幸せだから!」という人間の一方的な価値観を押し付けているだけでは?とも思う。
うちの飼い猫に「この猫さんたち、どうしたら良いと思う?」とよく相談しているが、保護猫が来て以来、ご飯は半量以下になり、すぐ隠れてしまうようになった。
誰も得していないが大丈夫なのかな!?
posted by chisaka at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月12日

野良猫TNRにあたふた…

KIMG1290.JPGKIMG1295.JPGKIMG1329.JPG
梅雨の頃から家のまわりで子猫を見かけるようになり、近所の人に聞くと「去年生まれた野良猫が、今年3匹も子猫を産んだんだよ!」。どうやら野良猫がどんどん増えている状況らしい。
地域の集会所で保護猫の譲渡会をしているので、主催者である「神戸ノラネコTNR実行委員会」に連絡してみた。
野良猫は大人なら避妊手術をして地域に戻し、子猫は譲渡会などで飼い主を探すとのこと。譲渡会に出すには予防注射やノミ取りなどが必須条件で、その費用は私が負担することになる。1匹7千円ほどらしい。ちなみに避妊手術は公費で賄われるようだ。
捕獲檻を借りて庭の隅に設置すると、まずママ猫がかかり、次にパパ猫。翌日に子猫1匹、その次の日に残る子猫2匹と続々と捕獲。捕獲檻に餌を足したり、置場所を変えたり、捕獲できたら防水シートを敷いた大風呂敷で檻ごと包み、ボランティアさんが迎えに来てくれたら団地の入り口まで持って下ろしたり。猫一家を捕獲して費用を払ったら、大仕事を終えた気分だった。
しかし、本当に大変になったのはこの後。パパ猫は手術後に地域に戻したが、ママ猫はまだ若く大人しいので飼い主が見つかりそうということで、子猫と一緒に譲渡会デビューすることになった。この4匹のお世話する人がいないって、どういうこと!?子猫が予想以上に育っていて、予定していたゲージでは間に合わず、更にママ猫は想定外だったのが原因らしいが、私に言われても困る。我が家にはガラスのハートを持つ甘えん坊の元保護猫がいるのだ。

……結局、我が家で面倒をみることになりました。ゲージと猫用トイレと猫4匹が運び込まれ、ボランティアの方々は猫をゲージに移すところまで手伝ってくれ、「目薬と鼻薬を1日3回さしてあげてね」と言ってお帰りになりました。ゲージに近づくだけでシャーシャー怒るのに、1匹ずつ捕まえて顔を押さえて目薬を差すなんて、どうやるの?そもそも平日は働いており帰宅は21時頃だし、預かるっていつまで?
不安な気持ちのまま寝たが、その後は1時間毎に起こされた。ドタバタと暴れる右矢印1フードを補充してみる。水をひっくり返して水浸し右矢印1拭き掃除。シャーシャーと喧嘩している右矢印1仲良くして!と言い聞かせる。ガタガタと音がする右矢印1ゲージにかけた目隠しの布を引っ張らないようクリップで固定。気がつけば外が明るくなっていました。

うちの猫の機嫌をとり、保護猫たちの世話をしていたら弁当をつくる暇もなく、ダッシュで仕事へ。
保護猫たちの目の具合が良くないから、動物病院に連れていくための洗えるキャリーケースを買い、身内からゲージを借りる手配をして帰宅。
すぐに保護猫のゲージを確認したら、猫の数が減っている。えっ!?慌てたが、ゲージの裏にママ猫が隠れていた。どこから出たのか分からないが、子どもはゲージの中だから傍を離れなかったようだ。
大騒ぎしながらゲージにママ猫を戻し、四苦八苦しながら掃除をして、やっと自分の晩ごはんにたどり着いたのは23時。
おいおい、大丈夫なのか私〜。
posted by chisaka at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年08月10日

財布を修理

KIMG1315.JPGKIMG1317.JPGKIMG1319.JPG
財布の縫い糸が切れたと修理に戻ってきたので、サイドをほどいて縫い直した。手縫いだから、縫い直しをしても本体の革には全く影響はありません。正面のフラップまわりも糸を解き、フラップは短くアレンジ、ついでにスナップの金具を交換しました。
仕上げに自家製の蜜蝋クリームで磨いて出来上がり。まぁ、良い感じに出来たかな。
posted by chisaka at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年07月12日

2歳になりました!

KIMG1272.JPGKIMG0202.JPG
「ペットのおうち」という里親募集のサイトを通して、わが家にやってきた猫の吉次郎は、この7月で2歳になりました。
吉次郎は、野良猫が物置で出産した仔猫たちの一匹で、母猫と仔猫たちとそれを見守る保護主さんご一家に守られて育ちました。生後4ヶ月になる頃にわが家にやってきましたが、猫にも人間にも大事にしてもらっていたからか、全く警戒することがありませんでした。わが家に着いた1時間後にはお腹を上にして寝ていましたし、パソコンを見ていると画面前に座り込んできたのも初日の晩です。
2歳になった今でも、夜になると隙あらば膝に乗ろうとするし(無くても強引に乗ってくる)、寝るときは必ず一緒です。一晩のうちに2〜3度は起こされるし、目を離した隙に冷奴の上の鰹節をつまみ食いするし、今日は猫トイレの外に何故かうんちが転がっていたけれど、もはや猫の居ない生活に戻れる気がしません。
吉次郎、長生きしてね。
posted by chisaka at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記